トイレは生活をする上で重要な場所

トイレは生活をする上で重要な場所

トイレに行かずに生活できない

数年前ひどいぎっくり腰になりました。
痛みを感じないポーズのまま身動きしなければ大丈夫なのですが、ちょっとでも動くと激痛が走ります。
このような状態でトイレに行くのは苦行のような辛さなのですが、トイレに行かない生活など不可能です。

切羽つまった状態になってから行ったのでは間に合いません。なので少しでも行きたいと感じたら即行動開始です。

ぎっくり腰の時は人に介助されても逆に痛みを感じて苦痛なので、自分で状態を確かめながら這ったり伝い歩きしながらジワジワとトイレに近づいて行きます。
痛みに耐え切れず突然バタリと床に倒れて、まるでドラマみたいだと自分で驚いたりもします。
狭い家なのに、とてつもなく長い道のりです。

何十分もかかりますが、もちろん通常時は数秒で移動できる距離です。

やっとトイレにたどり着いてもそれからが大変です。

全ての動作が苦痛です。

そんな事もあり自分のみならず家族も全員腰痛持ちで雪掻きシーズンなど誰かが患っている事が多いので、トイレをリフォームする時に思い切って自動のトイレに切り替えました。
フタを開くのも、水を流すのも自動です。

温水洗浄便座と手摺りもつけました。
これで腰痛時のトイレの負担はかなり軽減されました。
ただ元気な時には便利でもありますが、問題点もあります。
水は勝手に流れるのですが、タイミングが悪く後から手動でもう一度流さねばならない時があります。
手動なら一度で済むのでもったいないと思ってしまいます。

注目情報

Copyright (C)2018トイレは生活をする上で重要な場所.All rights reserved.